痩せこけるって訊くから大丈夫

受胎、分娩。
胴に生を宿してお子様を産むのは誠に一大事です。
分娩までに女性はどのくらい体重が増えるか。
ベイビーが約3kg。胎盤が約0.5kg。羊水が0.5kg。
そうして子宮や血、牛乳も大きくなり、それらが4kg。
合わせて約8kgは体重が増加すると言われています。
人によってはつわりで食べれなくて体重が増えなかったり、
逆に食べつわりでめっちゃ食べてしまって体重が増えすぎてしまったり。
こちらは後で食べていないとバイタリティ悪くなってしまって毎日6食たべて
最終的に受胎前からウェイトが15kgも増えてしまいました。
15kgとなると灯油のタンクが満タンで大半15kgだ。
妊娠してから分娩まで。
10ヶ月かけて満タンになってしまった脂肪という名の灯油。
も産んだら収まるし、バストで育てれば逆に受胎前より痩せこけるって訊くから大丈夫。
なんて思っていました。
が、誰しもがバストで育てれば痩せこける訳ではありません。
産後はベイビーや羊水、胎盤が身体の外に出て5kgぐらい減りました。
が、ここからが長い決戦だ。
初めての養育。3歳月置きに泣いて現れるわが方。
まとまった睡眠が取れずに眠たくて意思朦朧。
切歯扼腕がたまり、甘い物や食に走って仕舞う。
生まれて間もなくはスタートは可愛らしくないので
家でとれるリフレッシュ=好きな物を召し上がる。
に、なってしまい何だか減らないウェイト。
このままじゃダメだ。シェイプアップしないと。
けど外に出てもベイビーってジョギングなんて出来ませんし、
まだ生まれて間もないベイビーを連れて何時間も外出するのも悪い。
ベイビーが寝てる間に家の中で望めるストレッチング。
けれどもストレッチングしようと思った場合こんな賢い事業寝てもらえる意義もありません。
それでベイビーを抱っこしながら産後ダイエットしてみました。
抱っこしながら背伸び動作。
抱っこしながらその場で足踏み。
抱っこしながらスクワット。
生後3ヶ月くらいになるとベイビーのウェイトは産まれたときの大半倍になっているので約6kg。
そういうベイビーを抱っこしてあやしながら通常気付いた場合少しずつ。
これが一層嬉しい動作。そうして憂さ晴らしにもなる。
抱っこしてるから握りこぶしも鍛えられ、背伸び動作はふく陣はぎや、下半身が引き締められます。
その賜物か産後から4ヶ月の今は受胎前から+3kg
受胎前のウェイトがようやっと見えてきた感じです。www.spsi.ch

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする