デイリー多少なりともあるく事を指しました

毎日あまり運動していないせか、体重が増えてきました。これではいけないと思い、デイリー多少なりともあるく事を指しました。それでもただあるくだけだと、ウィークもやると飽きてしまう。そうするとまた歩かなくなり、体重が増えてくる。マークがないとどうにも積み重ねる事が酷いものです。

ともかく、「毎日ゼロ万歩」のマークを掲げてみました。そうしてシャカリキにデイリー、ゼロ万歩目標に万歩計を取り出して走り回りました。万歩計のカウンターが結果を刻んで出向くのを見極めるのは、確かに熱意のゲットになりました。それでも少々がんばり過ぎたようです。膝に違和感をもらい始めました。医者に行くという、「歩き回りすぎです。」と言われ、デイリーゼロ万歩のマークは急遽お休みだ。

そんなことであるくことをある程度止めていた場合、レクリエーションの「ポケモンGO」が流行り始めたのです。自分の携帯にも「ポケモンGO」を採用して、さっとプレイしてみました。やってみると何だか嬉しいんですね。ポケモンを寄せるという仕業が落ち着きですが、こいつにははまります。歩いてポケモンを探してGETする、これは毎日のアクションに向いていると思いましたね。

膝のスピードが良くなったので、TELを片手に近くの公園を歩いてみました。ポケモンが出現するといった、TELが揺れしますので一旦あるくのを止めてポケモンのGET手続にかかります。GETしたらまたあるく。こういう繰り返しで公園を駆けます。

常に走りっぱなしにはならず、休み休みあるくのが良いです。大して疲れた感じがしません。途中から自ら「ポケモンGO」をするのではなく、マミーと共にやることにしました。

二人で始めるユーザーとやりがいが増えますね。マークが固定でなく、度変わることで飽きがきません。走り事が楽しみになります。「ポケモンGO]のおかげでウェイトも収まり、カップルともども健在だ。積み重ねる事が金字塔大事ですが、どんなに続けられるかが問題ですね。http://moscarola.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする