3段胃腸が無くなる事なんて天命無いと思っていたあたしが痩せた驚きの言葉

「やせるのってしんどい」
ずっとそれほど思っていました。

飯を減らせばリアクションで滅茶滅茶食いしてしまったり
行動しようと始めれば続かなくて精神的にもへこむし
楽して痩せれないかななんて言ったら非難を浴びるし

も、そういう私も痩せました!
一時期56kgもあったウエイトは46kgまで落ちました。

それは正しく、「ヨガ」のおかげです。

最初はヨガって、元本と自分に余裕のある女の人が引き上げる、アミューズメントだと思っていました。
ですから街中で見る「ヨガ訓練」とかの報告をみても「おや、よくあるヒューマンね」なんて思っていました。

ボクは今「お寺ヨガ」はに通っています。
ポイントは友人の女で「はなはだ良いから。事例で良いから、一括払いやってみなよ」って100回ほど言われ…
厳しい腰を上げて行きました。

機会は夏季。
普段はからきし加わる案件のないお寺の、ふすまをあけるといった誠にそこには、20パーソンほどの先方がいました。

畳の上にヨガマットを敷き詰め、ボクという仲間が行くとこれから過密でした。

そこに「おはようございます」というきれいな所感と共にヨガの先生が登場しました。
無駄なお肉などいっさいなく、屈託の無い笑顔をボクと仲間に関していました。
「事例ですか?必ず楽しんでくださいね」なんて、果たして鈴の繋がるような所感で言われて、女の私でもときめきました。

1時刻のヨガの中で先生はたくさんの事を教えてくれました。
「今だけは自分の呼吸に意識を向けましょう。配慮は、内方だ」

ボクはこういう場合やっと、自分の人体が贅肉でつらいと言っている案件、むくんでるよと言っている案件に気付きました。
そうして、人体が歪んでいたことも…。

「毎日、頑張っている独力をハグしてあげましょう」
といって独力を抱えるヨガのブレイクタイムの時に、気付きました。

おや、そう。過食も、独力をいたわっていない案件に繋がるんだ、って。

そこからボクは、独力を本当の意味で愛する案件に意識を向けるようになりました。
体の所感を聞くと、人体は意外にも食物を勧めなかったりする。

ダイエットは先ず、内側から。ボクはそれほど思うので、やせるならつらくも痛くも薄い、ヨガをお勧めします。ダイヤモンドの買取

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする